ハイドロキノンの美白効果とは?

2013年ごろ、カネボウが販売した商品で白斑問題が起こったことを覚えていらっしゃいますか?
問題になったのはロドデノールという成分ですが、
今回はロドデノールと成分が似ているハイドロキノンについて調べました。

 

ちなみに資生堂HAKUには配合されていない成分なのでご安心ください。

 

ハイドロキノンとは、カネボウが独自に開発した美白成分で、
シミの原因となるメラニンの生成を抑制したり、できてしまったシミに働きかける効果があります。

 

世の中には多くの美白成分があります。
資生堂HAKUに含まれるm-トラネキサム酸も多くの美白成分の一つですが、
ハイドロキノンはそれらの何倍もの効果があり、「肌の漂白剤」とも言われています。

 

もちろん美白成分としては申し分ないのですが、優れた成分だからこそ肌への刺激もあり、
人によっては炎症を起こして痒みや赤みが起きてしまう可能性もあります。

 

そのため、使用する前には必ずパッチテストを行うようにしましょう。
炎症が起こるかも知れないので、二の腕などいざとなったら隠せる場所をお勧めします。

 

そしてもうひとつ。

 

日焼けによって肌が黒くなるのはメラニンが増えるからですが、
そもそもメラニンが増えるのは私たちの体を守るためだと言うことはご存知でしょうか?
紫外線には体に悪いものもたくさん含まれ、その悪いものを吸収する役割がメラニンにはあるのです。

 

つまり、美白のためにハイドロキノンを使用すると、
メラニンの生成が抑制されるため紫外線の影響をそのまま受けてしまうことになりますので、
外出時にはしっかりと日焼け止めを塗って対策を講じましょう。

 

上記は資生堂HAKUを使う上では気にしなくても良いことですが、
化粧品を使うことは少なからず肌への影響があると思いますので、
何を使うにしてもご自身で正しい使用方法を理解するように心がけましょう。

 

>>【資生堂HAKU】最安値はどこ!?メラノクールの価格を徹底比較!